" />

制度・法律

間違いやすく要注意!国勢調査と国民生活基準調査のちがいを知ろう

やまざき

【介護相談×作業療法士】 回復期→急性期→訪問リハビリ→老健→デイケア→独立。情報量が人を救う。在宅介護を無理なく継続するには、上手く情報収集するための情報源。『できるんです!』行動に変化起こす介護サポート。

 

在宅介護の実態を調査で、国が集めた信頼性のあるデータを参考にするために国民生活基準調査を調べていたら、国勢調査のデータが混じってました。

 

検索するとよくごっちゃになって出てくるこの2つ。

自分の頭を整理するために、調べたことを記事に残しておきます。

 

混乱しやすい国勢調査と国民生活基準調査のちがい

 

  1. 国民生活基礎調査
  2. 国勢調査

この2つに混乱している人の参考になれば嬉しいです。

 

 

この記事では、完結!わかりやすい!必要な情報だけ!をモットーに、めっちゃ短いです(笑)

しっかりした情報が欲しい人はこちら

厚生労働省ホームページ

総務省統計局ホームページ

 

 

国民生活基礎調査とは

厚生労働省が毎年実施している調査で、目的は、保健・医療・福祉・年金・所得など。国民生活の基礎的な事柄について調べるため、1986年から開始されたものです。

 

厚生労働省のイラスト

 

調査対象は、全国から無作為に抽出された約27万7千世帯(2022年予定)

4月中旬頃に、ポストに分厚い封筒が入っていたことはありませんか?

 

私は世帯主になってから2回ほど、この調査対象になったことがあり、きちんと回答しました。

 

 

 

よく間違われる「国勢調査」とは

総務省統計局が行なっている調査で、5年ごとの10月時点の状況について調査を行うことになっています。対象は、同じく無作為に選ばれた人です。

 

総務省のイラスト

 

1920年から調査開始され、日本国内の外国籍を含む全ての人及び世帯を対象として、人口・年齢・世帯数や労働力状態、人口移動などについて統計的に情報を読み解くことができます。

 

ちなみこの国勢調査法的に回答を義務付けられたものです。拒否や嘘、偽りの回答をした場合は50万円以下の罰金になることがあります。

 

 

この国勢調査も2020年に対象になったことがあります。

 

知らないうちに、国にいろいろと貢献してたんだな〜

 

 

大きな違いはこれ!

管轄機関。

そして、罰則の有無。

 

 

以上!

他にも簡単にまとめて欲しいことがあれば、お問合せからご連絡ください。

 

 

[temp id=3]

 

 

 

 

 

[affi id=82]

 

 

[affi id=81]

 

 

  • この記事を書いた人

やまざき

【介護相談×作業療法士】 回復期→急性期→訪問リハビリ→老健→デイケア→独立。情報量が人を救う。在宅介護を無理なく継続するには、上手く情報収集するための情報源。『できるんです!』行動に変化起こす介護サポート。

-制度・法律