" />

【自己紹介】介護相談×作業療法士★できるんですコンシェルジュ

やまざき

【介護相談×作業療法士】 回復期→急性期→訪問リハビリ→老健→デイケア→独立。情報量が人を救う。在宅介護を無理なく継続するには、上手く情報収集するための情報源。『できるんです!』行動に変化起こす介護サポート。

はじめまして!

 

介護相談コンシェルジュ やまざきです。

この度は、当ホームページをご覧いただき誠にありががとうございます。

 

このページを開いてくださったということは、少なからず私という人間に興味を示してくださったのですかね。ありがとうございます!

簡単に自己紹介をさせていただきます。

 

やまざき

作業療法士歴 15年

2022年1月にセラピストという仕事を脱サラ

2022年2月より、介護相談×作業療法士

これ一本で生きていくと決めました!

 

退職前に「あんたバカなんじゃない?」と患者さんから言われました((笑))

「やるからには、沢山の人を助けてあげなよ!」と激励付きでした。

 

 

介護相談を始めた理由

長年、病院や施設でリハビリスタッフ(作業療法士)として

患者様やそのご家族と関わってきた中で一番大事にしてきたことは

『ご本人のこれからの人生』

 『ご家族の気持ち』でした。

 

 

〇〇で困ってるんだけど、誰に相談したら・・・

~ってときはどうしたらいいのか・・・

 

 

・家に連れて帰ってあげたいけど、この病状で本当に可能なのか?
・介護未経験の自分に本当に出来るのか?
・在宅介護は思ったよりも大変。逃げ道はないのか?
・どすれば退院できるのか?症状や治療について知りたい
・もっとリハビリがしたい!目指す山は、完全自立

 

 

ゆっくりお話しを聞くからこそ知れる根深いものが沢山ありました。

理想と現実

想いはあるけど、実現できるか不安

 

だから、私がみなさんに提供するのは

カウンセリング(相談援助)でもなく

コンサル(問題解決)でもなく

コンシェルジュ(想いの実現)

 

 

誰にも相談できず抱え込んできた悩み、

実は専門的知識があるとすぐにお答え・解決できることが多くあります。

 

それ、〇〇のサービスが使えるかもしれませんよ?

△△にご相談されてみてください。

この間教えてもらった△△よかったわ!

あんなに悩んでいたのが嘘みたい!!

 

 

多くの方々が、

ありがとう!

誰に話しても分かってもらえなくて、どうしたらいいのか分からず途方に暮れていたのよ」

「友達も□□で困っていて、〇〇な時はどうしたらいいの?」

質問が絶えることがありません。

 

 

◆病院を退院されリハビリとして関わりがなくなる時に、

「今後は、誰に相談したらいいの?」
「もっと気軽にこういったことを聞ける場所があればいいのに」

とおっしゃっていました。

 

 

想像以上に、悩みを抱えている方が多く、

想像以上に、専門知識があればすぐに解決することが多いんです。

 

 

 

介護について

  • 自宅内で転倒を繰り返しているが、改善方法はないのか
  • 自宅介護が限界だけど、ヘルパーさんをどうやって頼めばいいのか
  • 施設入所の費用はいくらぐらいなのか
  • バリアフリーリフォームをしたいけど、どんな改修工事が適しているのか
  • 今の介護サービス内容で本当に合っているのか

 

医療について

  • お医者さんが話す内容が難しすぎて理解できない。誰かに解説してほしい
  • 認知症かも、受診を嫌がるけどどうしたらいいのか
  • 車椅子や介護用ベッドなどのレンタルや購入はどうしたらいいのか
  • 病院でのリハビリが終了してしまって、今後どうしたらいいのか
  • 今後の老後が不安で仕方ない

 

などなど、ちょっとした工夫や制度を知ることで

解決できることが山ほどあります。

 

そして、専門家に話を聞いてもらえるだけで、

不安が嘘のように消えることがあります。

 

そんな誰かの悩み解決のお手伝いができればと、このサービスを始めました。

 

 

介護の悩みをお聞かせてください。

あなたが分からないことをあなたの代わりにお調べし、あなたのご意向に合わせて解決方法をご提案します。

 

まずはお気軽に、

リハビリ専門家(作業療法士)があなたのコンシェルジュになります

 

【お問い合わせ】はこちら

 

  • この記事を書いた人

やまざき

【介護相談×作業療法士】 回復期→急性期→訪問リハビリ→老健→デイケア→独立。情報量が人を救う。在宅介護を無理なく継続するには、上手く情報収集するための情報源。『できるんです!』行動に変化起こす介護サポート。