" />

民間サービス

大切に使ってきた釣具・キャンプ用品を家族に迷惑かけずにオススメ買取査定

やまざき

【介護相談×作業療法士】 回復期→急性期→訪問リハビリ→老健→デイケア→独立。情報量が人を救う。在宅介護を無理なく継続するには、上手く情報収集するための情報源。『できるんです!』行動に変化起こす介護サポート。

 

この記事では、大切に使ってきた釣り具やキャンプ用品を手放す時

 

・店舗まで運ぶのが大変な人
・どこに売りに行けばいいのか分からない人
・少しでも高値で買い取って欲しい人

 

そんな人にオススメなキャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】をご紹介。

 

 

使わなくなった釣り具やキャンプ道具、どうする?

 

 

 

 

 

みなさんが集めた趣味の道具。どう処分したらいいのかに困っていませんか?

 

  • ゴミで出せる大きさでもないし、大切に使ってきた道具を「ゴミ」とするにも抵抗がある。
  • 高いお金を出して買ったんだから、少しでも値がついてくれたらうれしい。
  • かといって、家族に迷惑や手間をかけるわけにもいかない。

 

 

オススメの釣りやキャンプ用品を処分方法

私も引越しを控えていて、地味にたまった釣り具やキャンプ用品を処分することにしました。

関西人の「タダで捨てるなんてもったいない!」魂に火がついて、釣り具やアウトドア用品などを買取りしてくれる業者さんがないか調べてみました。

 

 

少しでも釣り・キャンプ道具を高く売る方法

一般的な買取り業者にお願いしてもいいんですが、どうせなら少しでも高く買い取ってほしい。より専門的に取り扱ってくれてる買取り業者の方が、イイ値が付くんじゃないかと探しに探しました。

 

 

 

今回ご紹介するキャンプ・釣り・登山・アウトドア用品専門買取【JUST BUY】さん、 実際に私も使ってみました。

 

買取査定の方法

申込はコチラからパソコン入力ですぐ完了。

必要であれば段ボールも無料で送ってくれます。

 

重たい荷物を運ばなくてOK

買取査定の申込時に、郵便局の集荷を申込しておくと、重たい荷物を持ち運びする必要もありません。

 

送料無料

段ボールが2箱になっても、送料は無料。

着払いで荷物を送ることができます。

 

買取査定の結果待ち

荷物が無事届いたら、さっそく査定して査定額をメールで提示してくれます。

査定額がOKなら即入金。

 

あれだけあったリールや竿が、あっという間に片付きました。

 

 

私が今回使った買取り業者はコチラ

 

 

高齢男性に多い悩みが、趣味で集めた物の処分

作業療法士として在宅介護老健などの施設入所中の患者さんと雑談を交えてリハビリをしていると、男性患者さんとは趣味の話で盛り上がることがあります。

 

昔は30センチ以上の魚を釣ったんだよ!

 

武勇伝をお話してくださることが多々あります。

 

リハビリ
リハビリ

〇〇さん、すごいですね!そんな大きさなかなか釣れないんですよ~

 

俺なんか何万もする竿を何十本も買って、奥さんからよく怒られたよ~。でもあの竿、もう使えないな・・・

 

リハビリ
リハビリ

どうせなら、高く売っちゃえばいいんじゃないですか?

それも、そうだね!売ったお金で美味しい物でも食べよう。

 

リハビリ
リハビリ

カロリー制限あるので、ダメですよ〜

奥さんにプレゼント買ってあげてください♪

 

 

脳梗塞肺炎など、今後の生活に制限が生じた患者さん。

元気そうにふるまっていても、どうしても昔の自分と見比べてしまうときがあります。

 

今あるからだの状態を受け入れて生きていくためには、障害受容も大切です。

でも、家に帰って趣味の釣り道具を見ると辛くなるものです。

 

 

今後、自宅へ退院して在宅生活が始まる。そんな時に、家族からは「お父さんのこの釣道具が邪魔でベッドが入らないんだけど!」なんて言われることもあったり。トホホ

 

 

この際だから、もう使わないものは処分しちゃいませんか?

 

車の運転ができれば、釣具屋に行って買取り査定をしてもらうことも可能ですが、それもなかなか難しい。

 

そういう時には、自宅に荷物を取りに来て買取り査定してくれるサービスを利用してみてください。

 

 

買取り業者はコチラ

 

 

 

[affi id=79]

 

[affi id=80]

 

 

 

[temp id=3]

 

 

 

 

 

 

 

 

[affi id=54]

 

 

[affi id=81]

 

  • この記事を書いた人

やまざき

【介護相談×作業療法士】 回復期→急性期→訪問リハビリ→老健→デイケア→独立。情報量が人を救う。在宅介護を無理なく継続するには、上手く情報収集するための情報源。『できるんです!』行動に変化起こす介護サポート。

-民間サービス